キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 土地の名義変更を生前贈与によって行う前に知っておきたい基礎控除 : 土地名義変更ドットコム

土地の名義変更を生前贈与によって行う前に知っておきたい基礎控除

土地名義変更ドットコム

土地名義変更ドットコムのメイン画像
土地の名義変更を生前贈与によって行う前に、110万円の基礎控除による非課税枠を理解しておきましょう。
土地の名義変更を生前贈与によって行う前に知っておきたい基礎控除

土地の名義変更を生前贈与によって行っておく、ということは、被相続人がお亡くなりになった後、親族間や兄弟間、また親子間で土地の名義変更のための協議など、面倒な事やトラブルを回避する手段となります。

又、110万円の基礎控除による非課税枠110万円は、毎年利用できる基礎控除です。

生前贈与を行った婆、110万円以上の贈与に限り、贈与税が課せられます。

年間で110万円以上の金銭、土地、建物などの不動産の贈与を受けた方は、税務署への申告が必要となります。

逆に考えれば、110万円以下の贈与であれば、申告の必要がないという事です。

生前贈与した時の金額が110万円を超えるものの場合、贈与税が課税されるこの一般課税方式はよく利用されています。

有価証券でも、土地や建物の不動産であっても、現金であっても、贈与対象について種類を問わない課税方式であり、基礎控除です。

この基礎控除については、贈与者が誰であろうと、受贈者がだれであろうと制限がないという特徴もあります。

ただ毎年110万円に近いぎりぎりの生前贈与を繰り返し行っていると、税務署としては税金を逃れるために行っているものとみなすことがあり、これが税金逃れとみなされた場合、追徴課税を言い渡されることがあります。

またこの基礎控除については、相続時精算課税方式との併用はできません。

こうした注意点をよく理解し、利用していけばいい形の生前贈与ができるでしょう。

土地の名義変更などで家族間トラブルが起こるのは避けておきたいことです。

被相続人となる方は、自分がこの世にいなくなった場合についても、しっかり考えておく必要があります。

▼相続診断士なるものもあります…参考URL:http://souzokushindan.com/inferitance_consultant/

Copyright 土地名義変更ドットコム All Rights Reserved.