キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 夫婦間贈与の特例の非課税枠を利用しよう : 土地名義変更ドットコム

夫婦間贈与の特例の非課税枠を利用しよう

土地名義変更ドットコム

土地名義変更ドットコムのメイン画像
土地の名義変更時にトラブルにならないように生前贈与を行う場合、夫婦間贈与の特例による非課税枠2000万円が利用できます。
夫婦間贈与の特例の非課税枠を利用しよう

自分が無くなって相続が発生し、土地の名義変更を行う場合に考えられるトラブルはたくさんあります。

配偶者は相続を受けることが決まっていますが、土地の名義変更の際に、相続人複数ともめることも多く、配偶者にこうした苦労をかけたくないという事で、生前贈与を利用される方も多くなっています。

今まで自分が配偶者と共に暮らしてきた建物、土地を相続人と配分しなければならないとなった場合、苦労されるのは残された配偶者です。

土地の名義変更などをスムーズに終わらせるためにも、生前贈与はとてもいい方法です。

夫婦間贈与の特例による非課税枠2000万円を利用できるというのも、メリットです。

夫婦間贈与は配偶者が暮らすための土地、建物、またこれらを取得するための現金の贈与であり、婚姻届を提出し夫婦となってから20年経過していれば利用できます。

この場合、贈与を受けた土地、建物に引き続き暮らすという事と、同じ相手、配偶者に対して一生に一回しか利用できないという条件があります。

夫婦間贈与の特例による非課税枠は、基礎控除110万円にプラスして最高2000万円まで控除できます。

この特例を受けるために必要な手続きとに必要な書類としては、贈与を受け10日経過した日以後作成の戸籍謄本、抄本、戸籍附表の写し、居住用不動産登記事項証明書、居住不動産に住んだ以後作成された住民票写し(戸籍附表の写しの記載住所が居住用不動産所在場所の場合不要)が必要となります。

Copyright 土地名義変更ドットコム All Rights Reserved.