キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 生前贈与で知っておきたい非課税枠 : 土地名義変更ドットコム

生前贈与で知っておきたい非課税枠

土地名義変更ドットコム

土地名義変更ドットコムのメイン画像
相続による土地の名義変更等でトラブルにならないように生前贈与を行う場合の非課税枠について理解しておきましょう。
生前贈与で知っておきたい非課税枠

相続があり複数の相続人がいる場合、土地の名義変更の前に協議が必要となり、この際にトラブルとなる事も多くなっています。

自分が土地などの不動産を相続させたいと思う人に、しっかり相続させることができるのが、生前贈与です。

生前贈与を行っておけば、土地の名義変更なども生前に行う事が可能となるのであんしんです。

生前贈与を行う場合のメリットとして、生前贈与の非課税枠を利用できる点があります。

非課税策は4つあり、一つは相続時精算課税の特例による非課税枠「2500万円」、住宅取得資金贈与の特例による非課税枠最大「1200万円」(相続時精算課税制度と共に利用すると最大3700万円)、夫婦間贈与の特例による非課税枠「2000万円」、110万円の基礎控除による非課税枠「110万円」(毎年)があります。

このうち、住宅取得資金贈与の特例による非課税枠に関しては、住宅購入資金についての非課税となるので、これからその土地に家を建てて暮らすという場合や、自宅用の土地の購入を考える場合、また自宅を増改築する際に利用できる非課税枠です。

土地の名義変更を行うという事は、相続が決定しその土地の相続人となるという事ですから、どの程度の課税があるのかを理解しておく必要があります。

被相続人が生存している状態で相続を行っておけば、土地の名義変更の前に起りうるトラブルの回避、さらには、贈与税の節税ともなるのです。

何事も後回しにせず、今できることを行っておくことで、配偶者や子など相続を受ける人に苦労を掛けることも少なくなります。

関連ページ⇒土地の名義変更をしたいが生前と死亡後では費用等は違う?|道新ぶんぶんクラブ

Copyright 土地名義変更ドットコム All Rights Reserved.