キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 生前贈与することで利用できる相続時精算課税特例による非課税枠 : 土地名義変更ドットコム

生前贈与することで利用できる相続時精算課税特例による非課税枠

土地名義変更ドットコム

土地名義変更ドットコムのメイン画像
土地の名義変更が面倒なことにならないように生前贈与を行う場合は、相続時精算課税の特例による非課税制度を利用できます。
生前贈与することで利用できる相続時精算課税特例による非課税枠

相続したのはいいけれど、いざ土地の名義変更をしようと複数の相続人と協議をおこなったら、土地を売り相続分を分配してくれという話が出た・・・など、面倒な事が起きる場合もあり、土地の名義変更が長くできない状態になってしまう事もあります。

こうした未来に起きる可能性があるリスクを無くすために行うのが生前贈与ですが、相続時精算課税の特例による非課税枠を利用できるというメリットもあります。

相続時非課税の特例による非課税枠は2500万円までです。

この場合、「65歳以上の親から20歳以上の子供へ」2500万円までの贈与について非課税に出来るというものです。

土地、建物などの不動産、現金などいずれも可能です。

もし2500万円を超えてしまうという場合には、その部分に一律20%の贈与税がかかりますが、それでも、2500万円分は非課税となりますので、かなりの節税となります。

この相続時非課税の特例による非課税枠の利用に関しては、110万円の基礎控除による非課税枠110万円は併用できません。

また気を付けたいのが、最低6000万円以上の遺産を相続した場合に、贈与財産と「相続財産」を合計した金額について相続税が課税されるという点です。

被相続人がお亡くなりになった際、相続が発生した時、それまでに贈与を受けた財産にプラスして、相続を受けた財産を合計した金額について相続税額が計算されます。

生前贈与の際に納めた贈与税分を引き、相続税額が決まります。

財産総額が相続時課税対象金額の6000万円以下であれば、2500万円まで贈与税、相続税は1円もかかりません。

この場合の手続きに必要な書類は確定申告書、計算明細書、戸籍謄本、附表、住民票写し、贈与年度の所得金額がわかる書類、請負・売買契約書、登記事項証明書などです。

Copyright 土地名義変更ドットコム All Rights Reserved.